豊橋中央青果とは?

生産者と消費者をつなぐ生鮮食料品の流通拠点

卸売市場は毎日の食卓に欠かせない生鮮食料品を全国各地の産地から集め、適正な価格で消費者の元へ届ける役割があります。

豊橋中央青果市場も、青果卸売市場として生産者と消費者をつなぎ、安全で安心な青果物をお届けしています。



流通のしくみ

卸売市場の機能

生鮮食料品は一般の商品と違い、鮮度が落ちやすいため長期保存が難しく、天候により価格が大きく変化する傾向があります。市場が仲介をすることで様々な商品が1ヵ所に集まり安定した販路が確保されます。それにより流通の効率化、安定供給にもつながってきます。


生産者:青果物を作り、出荷する人たちです。

卸売業者:県知事の許可を受けて生産者や出荷者から委託された品物や、買い付けた品物をせり売りや相対取引などによって、仲卸業者や売買参加者に販売します。

仲卸業者:卸売業者から直接品物を買うことができ、買った品物を市場内で仕分けし、スーパーや小売業者などに販売します。

売買参加者仲卸業者と同じく卸売業者から直接品物を買うことができる、小売業者や加工業者をいいます。